素材共同組合
素材共同組合とは | 素材を求める方へ | 厳選バナーリンク | 著作権とは | お誕生日カード | 素材屋さん応援リンク

素材と著作権とは

1.はじめに -著作権とは-

 ここでの話は、管理人が調べたことや知っている実例などをもとに記述しています。細かい点はいろいろな事例で変わってくると思いますが管理人が考える一般論として、記述しています。

 まず、わかりやすく著作権とはなにかを説明しましょう。
「著作件とは創造物(制作物)すべてが持っているそのものを制作(創作)したものに与えられる権利」

 この著作権は制作(創造)したときに自動的に発生して、この著作権を侵害(違反)した場合は著作権法に基づき罰しられます。起訴された場合には懲役、罰金の可能性があり、民事の場合は損害賠償などをされることがあります。

結論として  「素材は著作物である」

2.著作権の侵害例

  • 著作者の許可なく、著作物を公開したり、再配布する行為

    例:他人のホームページの画像や音楽を許可なく自分のホームページで公開する
    例:他人のホームページの画像や音楽を許可なく他の人に配る(再配布)
    例:書籍やCDなどの文章・書籍・音楽を許可なく、ホームページなどの公開する。

  • 自分で制作しても他人の創造物をまねて制作したものを許可なく公開、配布する行為
    例:版権物(商品化されているキャラクターなど)をまねして描いて、ホームページなどで公開や再配布する行為(特に再配布は大きな問題になる場合があります)

  • 他人の創作物を許可なく変更する行為
    例:ダウンロードした素材などを他の素材と組み合わせたり、少し手を加え、許可なく公開や配布する行為

3.著作権を侵害しないためには

 ここでは素材の制作者と使用者に分けて考えて見ましょう

素材制作者

-素材の制作者は基本的にオリジナルな素材を制作しよう-

 まず、素材は画像・写真・音楽であれ、100%オリジナルであればその著作権はあなたにあります。でも画像などは他の著作物とにてしまうこともあると思いますが少しでもオリジナルな部分を入れるように心がけましょう。まずは自分ですべて考え制作することが無難です。

-他の著作物を使うときは必ず許可をえよう-

  また、私も時々ありますが他の方が写真などをベースに素材をするときは必ず相手に使用や加工の主旨を説明して許可とって使いましょう。

素材使用者

-素材を使う場合にはまず利用規程を確認しましょう-

素材を配布しているサイトは多くあり、その利用範囲はその素材を作った人が決められます。ですので必ず利用規程を各サイトで確認する必要があります。再配布や再加工や使用範囲などの項目を利用規程でもうけてあるところが多いと思います。書いてある項目に一つでもふれると著作権侵害になる可能性があります。面倒だと思わず必ず利用規程があれば確認してその項目にしたがって素材を使いましょう。わからないとき問い合わせをしてみましょう。
 また、残念ながら素材サイトでも100%著作に違反していないといい切れないサイトもあります。素材を使う人はあくまでも私の意見としてですが版権物を素材として配布しているようなサイトの素材は使わない方が無難だと思います。

 

 著作権とは → 音楽の著作料とは →  著作表示の仕方

画像・MIDIについて

著作権とは
音楽の著作料とは
著作表示の仕方


ピックアップコンテンツ 

素材共同組合サイトマップ
著作権とはなんだろう
利用規程を作ろう
君も素材屋になろう
組合イメージムービー(組合の意味)
厳選バナーリンク(ベスト素材サイト)

 
お勧めレンタルサーバー 

★可愛いレンタルサーバLOLIPOP!
月額125円からのレンタルサーバ